• 2010/08
  • 2010-09 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2010/10
MAESTROオークションにて出品中です!
2010年09月24日(金) 23:58
みなさんこんにちは。
DOCK STAAR. Norです。

只今残りのMAESTROをオークションにて出品中です。
オークションページはこちらをクリック

そしてMAESTROのユーザーレビューも更新しましたので、
実際にユーザーの皆様がどのように感じているかを参考にしてください。

もちろん直接受注も承り致しますので、興味のある方はお早めにお求めください♪
※ただいま直接受注の場合はゆうぱっくでの発送をサービス致します!


今回は以上です。


Nor

MAESTROユーザーレビュー
2010年09月24日(金) 23:50
ここでは、MAESTROのレビューを掲載しています。
興味がある方は是非参考にしてください。


※ ユーザーレビューは随時受け付けています。
  レビューを掲載してもいいよというユーザー様はdockstaar@gmail.comまでご連絡ください。



===================================

<K.B様> 2010.08.28

使用機器
DAP:iMod mini
AMP:Portaphile V2^2
Xin Reference  etc
IEM:UE11
Rooth UE 5EBx3
比較対象: MAESTRO
Ref.MD-ADQ
Ourt-cloud.lab Dock Aug-line(BG仕様)
視聴曲
1)鬼束ちひろ…CastleImitation(Album ver.)
2)WithinTemptation…Somewhere
3)L’Arc〜en〜Ciel…ReadyStedyGo  etc

-上記環境での比較でのレビュー-
?MAESTROの長所…表現の繊細さ、シャープさが際立っています。特に鈴等の儚
い音、残響感にも強く音のきめの細かさに一聴して驚かされました。また、
V2^2+5Ebx3という環境では他のケーブルでは聴き疲れしてしまうのですが、
MAESTROを使用してからは聴き疲れし難くなりました。理由としては他のケーブ
ルでは音の押しが強すぎるのに対し、MAESTRO特有の表現の繊細さ、柔らかさが
現れているからと考えています。
?MAESTROの短所…表現力、音のレスポンス等、非の付け所が無いMAESTROですが
あえてあげるなら一点、繊細さ故のアタック感不足を感じます。どうしても私が
持っているMD-ADQに比べると低域でのアタック感は弱いように感じ、時々切り替
えて使用する事が(極稀ですが)あります。決して繊細=弱い訳ではなく これはケー
ブル毎の特徴故の問題ではありますが、長所ばかり挙げてもレビューにならぬ、
と思いあえて挙げました。
?上記の視聴曲をMAESTRO使用の上でもっとも変化を感じた点
1)ピアノ・鈴の残響感が広く、またボーカルの「のび」が非常に良く耳に喰い
つきます。また、音域の上下にも心地よく反応してくれます。
2)音場の広さ、ボーカルの柔らかさを良く表現しています。ボーカルが中音に
埋もれてしまう事も無く音域の切り替りにもMAESTROの良さを感じれます。
3)低音評価に良く聴く曲ですが確かに、ADQに比べると低域のアタック感はやや
弱く感じます。しかし音の切り替し、レスポンスでやはりMAESTROに劣ります。
また、他のケーブルでは長時間低音が続く曲を聴くと「聴き疲れ」を起こしてし
まいます。


MAESTROは、それまでの私が普段使用する環境、V2^2+5Ebx3という低域表現過多を唯一、長時間視聴でも楽しませてくれるようになりました。
今後の一層のご活躍ご期待いたします。


===================================


<N.W様> 2010.08.16

普段使っているポータブル環境にて、他に持っている2つのケーブルとの相対比較となります。
ポータブル環境は以下です。

プレイヤー:iPod Classic160GB(2009年モデル)
アンプ:MH-audio HA-1
イヤホン:須山補聴器 FitEar Private 333

■音質
?DOCK STAAR. MAESTRO
音域に関わらず、各楽器の奏でる音をとても繊細に奏でてくれます。
その中でも一番の特徴はハイハットや金属弦の響きなどの高音域を拾いつくす力だと感じます。
低音域(ベース楽器)の音も輪郭がはっきりしてメリハリを感じます。
その結果、楽曲全体から受ける印象として音楽的な表現力(演奏者がつける強弱や微妙なニュアンス)の高さを感じました。
ケーブルが拾う微細な音の粒子が空間全体に広がり、とてもゴージャスな感じになります。
全体的な印象がもっとシャリシャリしたものになる不安もあったのですが、
低音の量という点でも、しっかり出ているので全く不満がありません。
さすが限定高級ラインだけあり、大変素晴らしいケーブルだと思います。

?iBasso CB07(OFCとのことなので銅ですね)
3つの中では音の粒が大きく丸い印象です。
高音域を拾って微細に表現するのではなくどちらかと言えばストレートでフラットな音です。
ハードめなロックなどを聴くとこのケーブルの方が力強い音のように感じる面もありますが、
3つの中ではやはり音楽的な表現力という点で不満を感じます。

?インパルス Aug-line(プラチナ入りではないもの)
MAESTROとCB07のどちらに似ているかと言えば、MAESTROに似ています。
基本的な特徴は高音域であり、音抜けが良く、なかなか表現力も高いと思います。
ただ、同一の楽曲で注意してMAESTROと比較してみると金属の響きとか倍音成分を拾う力が弱いです。
低音域についても、MAESTRO比較で少しだけボワつきを感じます。
逆に、音の粒の大きさはMAESTROよりも少し大きい印象です。
基本的な特性はMAESTROに似ているだけに、使う機会は減っていきそうです…。


■使い勝手とモノとしての作り
MAESTROとCB07はケーブル部分が柔らかく取り回しが良いです。
iPodとアンプを重ねて接続するのも無理なくできます。
一方、インパルスAug-lineは硬くはないのですが、長いがために、
接続した際に折り曲げたケーブルがどうしても「びよん」と飛び出した形になってしまうのが難点でした。
MAESTRO(DOCK STAAR.製品全般に言えると思いますが)が素晴らしいと感じるのは
意匠性の高さだと思います。コネクタ部分の焼印やジャック部分の製品別デザインなど、
こういった点が優れているため、モノ自体を持つ喜びを感じます。


===================================

<Y.A様> 2010.08.30

使用機器
DAP:5G iMod
AMP:iQube (Corda 2move, iBasso T3D)
IEM&HP:Wenston3, ATH-ES10
Cable:“MAESTRO” Mini to Mini Cable+Female iMOD Mini dock

これまでは、NW-A847やiPod CLASSICを直差し、または、これに2MOVEとかT3Dを繋げて音楽を楽しんでいたのですが、
今回、MAESTROに至ったのは今年の5月にiQbueを手に入れ、その後、以前より気になっていた、iMODも入手する
ことができたことから、より良質のCableが欲しくなった為でした。

色々と調べる中、Dock STAAR.さんのAuGptに行きつき、初めてブログを訪れてみると、んっ?限定MAESTRO series?
なるものがあるではないですか。

特に限定という言葉に弱い自分は、価格もちょっと、飛びぬけていたので、かなり迷いましたが、将来的にはPV-Capもプラスしたいので、
選定についてはNorさんにも意見を頂きながら、最終的には太っ腹にも“MAESTRO” Mini to Mini Cable を2本となりました。
更にFemale DockもiMOD用、iPod用両方を用意してケーブルの到着を待っていましたが、完成を待っている間も自分の耳の
レベルに自信がある方ではないので、正直、不安もありましたが、その音を聞いてみて納得することができました。

好みの音楽として自分はポップス、特に女性ヴォーカルものを中心に、あとはジャンルを問わずオールラウンドに聴いています。
暫定で使用していた ALO iMod Cryo DockからMAESTRO+Female dockに交換した時、初聴で音の粒の立ち、音の分離が格段に
良くなり、解像度が一段も2段も上がっている事が自分のレベルでも直ぐに分かりました。そのせいなのか、ソースによってはヴォーカルが引っ込みがちに
思えるようなものがあったり、低音の厚みがちょっと薄くなったような気がしなくも無いのですが、使用しているHP(Wenston3, ATH-ES10)はいずれも低音に強い特性
である事を考えるとむしろバランスが良くなっなっているのだと思っています。それにiQubeにしても現在エージング途中で或ることを考えると十分でしょう。
しばらくは、この組み合わせで音の変化を日々楽しんでいきたいと思っています。

次に以前の環境(NW-A847)と比較した場合なのですが、私にはとってはWALK MANのS-MASTERの音はさっぱりしたクリアーな音であり、
iQubeを加える事で力強さが加わわり、それなりに素晴らしい環境ではあったのですが、好みの問題なのでしょうが、なにかそのクールすぎる音に物足りなさを感じていました。
今回、DAPをiMODに変えてちょっと濃い味?になり、更に、ケーブルをMAESTROに変えたことでその濃い味が洗練され、より自分好みになったと感じています。

正直なところ、ちょっと前まではどちらかというとHiFi-MAN HM801なんかに注目していて、今更、iMODじゃないだろうとか思っていたのですが、
実際、今の環境を手に入れてからは、DAPならTeclast T51なんかが面白そう、香港行ったら買っちゃおうかなとか、更にこれをMOD化しちゃったりしたらきっと面白そうとか、
AMPはやっぱり、自分の好みはiQubeよりもSR-71Aなのかな?聴いてみたいなとか、HPはやっぱり最後はEDITION8まで行くしかないでしょう。とか、最近、ちょっと、いわゆる
沼にハマりかけている様な気がします。だけど、こうやって、あーだ、こーだ組み合わせを想像して選定いる時が一番、楽しいんですよね。しばらくは楽しめそうです。

こんな感じで今回は、最高級のMAESTROから入ってしまいましたが、その他のケーブルも非常に魅力的なようなので、いずれ是非試したいと思っています。
9/1から受注一時停止とのことですが、リニューアル販売再開時がとても楽しみですね。では!


===================================


受注一時停止とMAESTRO売り切りについて
2010年09月01日(水) 22:18
みなさんこんばんは!
DOCK STAAR. Norです。

今回はケーブルの受注一時停止と、MAESTROの線材在庫分売り切りについてお知らせします。

まずは9月1日をもってMAESTRO以外の全てのケーブル受注を一時停止します。
一時停止した後は新たな形にてまた販売を再開したいと考えています。
ご不便をおかけ致しますが何卒ご理解を宜しくお願い致します。
なお修理やサポートについては引き続き承りしますのでご安心ください。

そして限定ケーブルのMAESTROですが、線材在庫が残り30本ほどとなっています。
こちらに関しては引き続き受注を行い、在庫が無くなった時点で販売を終了します。
MAESTROは線材の入手が困難なため、今後の販売は予定しておりません。
特にiModケーブルはブラックゲートコンデンサも残り僅かのため、作製できても10本未満です。
MAESTROは特に高い評価を頂いた特別なケーブルです。
興味がある方はお早めにご連絡くださいますようお願い致します。

現在ストックのあるケーブルおよび残ったMAESTROはYahooオークションにて出品する事もあるかもしれませんので、こちらもチェックしていただければ幸いです。

以上簡単な報告のみですので、ご不明な点等あればお気軽にお問い合わせください♪

※最近よくお問い合わせいただくiPhone4用のケーブルですが、iPhone3G、3GS用のケーブルで問題なくご使用頂けます。


それでは今回は以上です。



Nor


 | HOME | 




Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET ----- Powered by DTIブログ -----