• 2017/09
  • 2017-10 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017/11
只今準備中・・・
2007年11月19日(月) 23:26
どうも、Norです。

少し前に当ブログを立ち上げて以来、更新していなかったので、
今回はDOCK STAAR.の近況についてお伝えしたいと思います。
まず始めに最初の販売時期について。
今ちょうど準備に明け暮れているところですが、
一応12月の初旬には、皆さんのお目にかかれるだろうと思います。

そして展開アイテムについても決まりました。

・・・の前に、各ケーブルに対し?DS-○○○?という感じで品番というか
通称のようなものを設けたいと思います。
これはただ私が管理しやすいだけの理由ですので、問い合わせなどの際は好きなように、
ただケーブルの素材で問い合わせをしていただいても構いません。
そして・・・


  ・DS-MGM
  
  ・DS-SLV


以上の2つをまず販売したいと思います。
スペックについてもお話したいのですが、まだ不確定要素がいくつか残っていますので、
すべて確定した上で、価格も含めお知らせします。
(来週中にはお知らせできるようにしたいと思います。)
ただ上記の2つに関して、品番を見ていただくと、すでにDOCKケーブルをお使いの方には、
すぐにどのケーブルを使用したのか、想像がつくのではないでしょうか。

この2つを選んだ理由は、「自分が使用して、本当に良い素材だった」ことと
「コストが余りかからず、廉価モデルとして販売できる」ことです。

「何だ、有物じゃないか」と思った方はもう少しお待ちください笑
現在7〜8本程試作品を作成していますが、完全なオリジナルは12月の下旬を予定しています。


最後に、これは先日のブログでは説明していませんでしたが、主に使用していくケーブルについてお話します。
使用するケーブルは、いわゆるハイエンドオーディオケーブルをメインに作成していきます。
自作では大体メートル/¥100〜¥500のケーブルを使用することがほとんどだと思いますが、
DOCK STAAR.はもっと贅沢に行きます!ワイルドに行きます笑
一見オーバースペックだと指摘されそうなものにも、現在冒険もかねて積極的にチャレンジしています。(サイズ的に難のあるものは不可能ですが)

普通は自作で失敗したり、そのあと無意味に残ったケーブルを見て空しくなったりしますので(経験済みです笑)、ハイエンドケーブルは敬遠しがちだと思いますが、そんなリスクも、材料の有効活用である程度解消できるのではないか、というのがDOCK STAAR.のスタンスです。開発費は・・・バカになりません汗

でも安心してください!まだ製品ラインナップは全て確定しているわけではありませんが、いくら割高な材料を使用しても、海外でDOCKケーブルを購入する($100前後ぐらい?)より安く提供できる事は間違いありません。


以上、また長話になりましたが、次は正式な価格など発表できると思います。






Nor
e-mail:dock_staar@yahoo.co.jp


TrackBack URL

http://dockstaar.dtiblog.com/tb.php/3-c3bc9a17


 | HOME | 




Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET ----- Powered by DTIブログ -----