• 2017/09
  • 2017-10 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017/11
DS-KMB, �-KMBのユーザーレビュー
2008年02月21日(木) 00:13
ここでは、DS-KMB, �-KMBのレビューを掲載しています。
興味がある方は是非参考にしてください。


※ ユーザーレビューは随時受け付けています。
  レビューを掲載してもいいよというユーザー様はdock_staar@yahoo.co.jpまでご連絡ください。



===================================

<S.Y様> 2007.12.28


アンプ/トマホーク
DAP/iPod 5.5G
イヤホン/SE530, Triple fi 10 pro


今までmogamiのケーブルをずっと使っていたので、2本目にと思いDS-KMBにしましたが
高音がとても気持ちよく聞くことができました。
よくフュージョンなんかを聞きますが、mogamiとはまた違った音で使い分けも問題ないと思います。ちょっと低音は弱めなんですけど量が足らないわけではないですね。

説明ではケーブルが硬いとありましたが、使用する分に邪魔になるほどではない。

またソウルが向いているとの事だったので、マービン・ゲイのアルバムを聞いてみると
確かに古い曲独特の(コモリ)が半減(以上?)していて、音が鮮やかに蘇ったようでした。

ゆっくりしながら女性のjazz vocalなんかも良さそうですね。

今回は良い物をお譲りいただきありがとうございました。



===================================

<R.K様> 2008.09.04

※4本分の比較レビューです


【使用環境】
アンプ:iBasso P2(オペアンプOPA2111KP+OPA2134)
Headstage Lyrix Pro USB Total
DAP :iPod 6G ,HD10GB7
IEM :須山Private435,ProAudio335,10pro

まず、共通して言えるのが製作クオリティの高さです。
個人で製作しているとは思えません。Dock部分もプラグ部分も
丁寧に処理され、耐久性が高いのが外見からも伺えます。

DS-ADQ
非常に情報量が多く、市販のIEMでは真価が発揮できないほど。
音圧がかなり高いのも特徴的で、始めは少々圧迫感を感じることも
ありますが、バーンインが済めば非常に気持ちいい低音を鳴らしてくれます。
味付けはDS-MGMと同様少ない部類に入ると思います。ただ、DS-MGMより解像感
があり、凶悪なまでに音の立ち上がりが早いです。ジャンルを選ばずどれも
気持ちよくならしてくれる一本です。一押しです。
ケーブル部分は堅いのであまり折り曲げしないほうが良さそうです。
単線ですし。

DS-ORF
独特のキャラクターを持っています。かなり味付けは濃く感じますが
不思議と聴き疲れしません。音圧はそこまで高くないですが、ゆったり
とリスニングするにはこれくらいがいいかもしれません。
特徴的なのは、音が前に出てくるような音場感です。分離も良好です。
音自体は、伸びやかな高音と、意外(?)と艶やかなミッドが特徴的。
低音は少し締まりが悪く感じるソースもありますが、全体としては
かなりバランスよくまとめられている一品です。私は長時間リスニング
するときは必ずコレです。元気な音が素敵です。


�-KMB
(iPodには自作のポケットDockを使用して接続)
これまた不思議な体験をさせてくれるケーブルです。味付けは濃いめ
です。だからといってどこかが破綻しているわけではありません(一応)。
かなりハイ上がりに感じるせいか、録音状態の悪いソースにはとても
向いています。まるで新しく録音しなおしたような体験をさせてくれます。
Dockケーブルの4Sとでもいいましょうか、そんな感覚です。
音圧も高めです。録音レベルが異常に高いJ-POPなんかだと少々聴き疲れ
しますが、古い録音やクラシックには向いています。

DS-MGM
非常にコストパフォーマンスが高い一品です。全帯域において
情報量が多く、ムラがありません。音圧もほどほどに高く、
弱点らしい弱点がありません。強いて言えば、音の線が細く感じる
点が気になるくらいでしょうか。解像度も高く、音の分離もよく
おすすめです。他のケーブルとの比較に是非一本持っておきたい
ケーブルだと思います。

===================================

<T.T様> 2009.05.20

先日作成していただきましたケーブルたちの内、DS-KMBのレビューをご報告させて頂きます。
勤務先に置いてある、B&O?Foam2とiBasso T4というHi-Fiではないシステムで、書類仕事をしながらのインプレッションです。
ソースはclassicで、それもトスカニーニのワーグナーという1950年代の録音です。リマスタリングにより音質は録音年代を考えるととても鮮明なのですが、最新の録音とはやはり差があります。AIFFで取り込んだものをbass boost onで聞いていたのですが、2000円程度の市販のラインアウトドックからDS-KMBに換えたところ、実体感は残しながらも管楽器のうるささが消え、弦楽器の音色がとても美しくなりました。仕事を忘れ何度も付け替えたのですが、上記のようなシステムでもブラインドテストで当てられると思う位の差を感じました。
この変化により、この人類の至宝と言う人もいる音楽の美しさが、僕にとって何割も増したことをご報告いたします。
今後他のシステムでも評価したいと思いますが、本日の感動をお伝えしたく、取り急ぎメールさせて頂きました。



TrackBack URL

http://dockstaar.dtiblog.com/tb.php/37-df5ff1f4


 | HOME | 




Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET ----- Powered by DTIブログ -----