• 2017/07
  • 2017-08 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017/09
DS-SAL, �-SALのユーザーレビュー
2008年02月21日(木) 00:46
ここでは、DS-SAL, �-SALのレビューを掲載しています。
興味がある方は是非参考にしてください。


※ ユーザーレビューは随時受け付けています。
  レビューを掲載してもいいよというユーザー様はdock_staar@yahoo.co.jpまでご連絡ください。




===================================

<K.M様>     2008.02.02    


今回DS-SALを購入しました。以前の使用環境は
ipod classic→ ALO Cryo Dock → SR-71→ ER-4S or fi 10proです。
よくJAZZを聞くので、商品の説明をみてこれに決めました。

さて、使った感想は・・・・・・・なかなか良いですね!
ALOに比べ音が細部まで聞こえるというか豪華になった気がしました。
というのも左右(横)の広がりはよく変化が感じられるのですが、JAZZでトリオやカルテットの楽曲だと
ピアノがあってその奥にドラムがいて・・・と奥行きを感じます。

取り回しは特に苦にはらないですね。
不思議と音量を下げても音が固まったりしないので、朝の通勤でも気持ちよく音楽を聴けるのは嬉しいです。
以前はモガミのケーブルも使用していましたが、なるほどDS-SALがJAZZに合うというのが良くわかります。
クラシックにもこの解像度の高さは活きます。
ハイエンドメーカーのケーブルにするだけでこれだけ音が変わるのですから、これからの
DOCK STAAR.に期待してしまいます。



===================================


<S.M様> 2008.02.12


こんばんは。
本日ケーブルが無事に到着しました。

ケーブルの入ってきた化粧箱といいケーブルの造りといい、かなり凝った造りで
すね。
他店の味気無いケーブルとは大違いでちょっとビックリしました。

今聞きながらメールしてるのですが(iMod+MOVE+10PRO)???
かなり気に入りました!!!
特に中〜高域にかけての解像度はかなりのものですね。
それでいて余り耳障りではなく大変滑らかです。
実はMOVEと10PROの組合せだと
高域が綺麗に鳴るのだけど、ちょっと聞き疲れする時があるんですよね。
でも、�‐SALだとこの辺りがかなり解消されます。
ENYAの音に包み込まれるような感じとか、Celine Dionのどこまでも伸びていきそ
うな歌声だとかが、聞いていてかなり気持ち良いです。

ただちょっと残念なのは、同じCeline Dionでも、こうグググッと声が沈み込む感
じとか、Holly Coleのちょっと粘り気のある歌声だとかでも、綺麗に鳴らしちゃ
うんですよね。
もうちょっとドスの効いた歌声を!っと思うときがあります。

といっても、実はこれらの不満はMOVEに対する不満でもあるんですよね(^^;
やっぱり「美音」と「濃い音」の両立は無理なのですかね。

と、お忙しいところに長々とメールしてすみません。

最後に改めまして
今回はこちらの図々しいお願いを快く聞いていただき、
またこのような素晴らしい商品をありがとうございました。
また次の機会がありましたら、その時はよろしくお願いします。



===================================


(D.Y様) 2008.02.16


こんにちは。

� - SALは届いてから毎日使ってます。
これはすごいです。iModとiQubeの性能を余すことなく引き出してる感じです。
こんなに音が良くていいのかな?と思ってしまいました(笑)

やはりiPodよりiModのほうが音の広がりなどは優れていることが今回改めて実感できました。ポータブルにおいてもケーブルはある程度グレードの高いものを使ったほうが音のためにはいいんですね。

今回13cmを注文しましたが、長さが短かったようです(笑)

使用に支障が出るわけではないので問題はありません。添付した画像をご参照ください。

�シリーズは本格的に始動したようですね。既存のDOCKシリーズとあわせて今後の活動も期待しています。






===================================

<K.K様> 2008.02.20

本日ケーブル2点受け取りました。
早速いろいろ聴き比べてみました。

DAPはiMod、PHPAは最近ほとんどSR-71かiQubeです。
いままでの手持ちケーブルは

ALO iMod Jumbo Cryo Dock
iMod Female Dock + ALO Au/Ag Mini to Mini
          Mogami Mini to Mini
          C&C Mini Crystal

などです。お気に入りはやはり共に情報量が多く性格の異なる
Jumbo Cryo DockとAu/Ag Miniでした。

今回�-SAL,�-ADQを使ってみて、はじめてALO製品を聴いたときと
同様の衝撃を受けました。

�-ADQですが性格はJumbo Cryoと似ていますが、なんというかコシが
強いように感じました。好きなJazz Bassistのアルバムがいままでと違った印象で聴けたのでこれからもバーンイン後の変化など楽しみです。

�-SALは�-ADQの後に聴いたので最初はあっさりしているなと思いましたが、聴きこむ内に音の広がりや音の定位の良さなど他のケーブルと一線を画しているなと感じました。圧倒的な情報量でこれでもかと迫ってくるALOケーブルや�-ADQと違い、繊細で音を細かく拾ってくる様からは日本の禅の美学すら感じられます(笑)。はっきりいって一番のお気に入りケーブルかもしれません。

包装もケーブルの作りもしっかりしていて、本当に個人で回していけるのかと心配になってしまいます(笑)。これからのDock Staarの新製品も楽しみにしています。またよろしくお願いします。


==================================

<ronsonfive様>     2008.03.04    

プレイヤー/iPod5.5
PHPA/Tomahawk
イヤホン/ue Triple.fi 10 pro

まだ3日目ですが自分が感じた事を書きます。

聴き比べiPod Dock ケーブル/moon audioのシルバードラ
ゴン

素人の耳だし、ケーブルの質に関しても全然わかりませんが、そんな素
人の声でもよかったら聞いてください(^^)
全体的に音が高く、バランスはケッコーイイです!普通に満足いく音で
す(^^)若干ですが、moon audioのシルバードラゴンより
上の音は出てますが、逆に若干、中間の音は下がります!下の音は同
等、もしくは若干こっちの方が勝ってるレベルだと感じました!素人の
ボクの使用環境、およびボクの聴く音楽(hiphopなど)で感
じた事なので、あとは実際購入して聴き比べるのがのが一番だと思いま
すよ(^^)それと一言!とても良い買い物が出来て嬉しいです
(^-^)




==================================

<K.H様>  2008.03.06

※3本分の比較レビューです


〔使用環境〕
iPod 6G / 5.5G
ER-4S / ATH-ESW9
C&C XO(オペアンプAD8620に換装)

DS-ORF
3本の中では一番元気な明るい感じがします。
前にも触れましたが、特に高音の強調度合いが若干強めに感じました。
だからと言って聴き疲れすることもありません。
コストパフォーマンスの良いケーブルと思います。

DS-SAL
うまくまとまってるなぁと思いました。
解像度は3本の中で一番高いと思います。
DS-ORFで少し高音がキツイかな?と思われるソースについても、
DS-SALを通して聴くとうまく解消され、すんなり聴き入れることができます。

DS-ADQ
なんというか、反則みたいな感じです(笑)
上記2ケーブルに比べ情報量が1〜2枚上手ですね。
Norさんがおっしゃられるように、女性ボーカルは特筆ものです。
この音がこの価格で!と衝撃度は一番高かったです。

===================================

<H.S様>  2008.03.12



この度、DS-SALを購入させて頂きました。

同時期に届いたiBasso D2と共に2日間鳴らし込んで音も安定してきたと思うので、レビューに挑戦してみます。



[使用環境]

DAP:iPod touch

PHPA:iBasso T2、iBasso D2

HP:UE triple fi. 10 pro



今まではMOGAMIのDockケーブルを使っていました。

DS-SALの印象としてはそれを素直に進化させた感じの音で、解像度や音場の広さ・透明感もそれぞれ向上していると思います。

私はクラシックを聴くことが多いので、交響曲やオペラなどを聴いて演奏者・役者の位置を把握できるのは、嬉しい限りです。空間を感じられるのが良いですね。

また、試しに先日、近所の公園に持っていって聴いてみましたが、開放感のある音で散歩のお供としてもぴったりです。(笑)



逆に大きな違いとして、中音域が手前側に近づいてきて、より良く聞こえます。

MOGAMIだと中音域が沈んで遠くに聞こえてしまうために、ボーカルメインで聴きたい時には音量を大きめにしなければいけませんでした。

そのため、高音が耳に刺さったり、低音が強すぎると感じたりすることもありました。

しかしDS-SALだとボーカルが前に出てきてくれるので、むやみに音量を上げずともきちんと聴けて、聴き疲れもしづらいですね。

とは言っても、耳元で囁くような迫力、とは違うかと思います。

うまく言えませんが、音場感は保ったままボーカルが自分の近くに来ているという感じでしょうか。



加えて、バイオリンやアコギの弦の軋む音がよりリアルに聞こえます。

ソロバイオリンの早弾きやゴンチチの「放課後の音楽室」など、臨場感が増しているのが分かりました。

これは弦楽器好きの私にとっては一番の収穫です。(笑)



長くなりましたが、MOGAMIの中音域が弱いと感じていた私にとってはぴったりの、素晴らしいケーブルです。

一つ欠点を挙げるとすれば、MOGAMIと傾向が似ているので、使い分けというよりもDS-SALのみを使いたくなってしまうことですかね。

そういう意味では、他の方のレビューを見る限りでは傾向の異なるDS-ADQの方が使い分けに向いているのかもしれません。

・・・と思い始めたら、DS-ADQも欲しくなってきてしまいました。(笑)

また近いうちにお世話になるかと存じます。その際は宜しくお願いします。

===================================

<K.H様> 2008.09.16

≪使用環境≫
DAP;S-616F
AMP;Pico
IEM;UE10Pro

CABLE;��-SAL ��-GETc

WMのユーザーですが、今回この2本のケーブルを購入させていただきました。
ブログを拝見いたしますとiPodのユーザーさんが多い中、大変恐縮ではございますが、その使用感
を私なりに述べさせていただきたいと思います。


��-SAL
心地よいワイドレンジと正確さが印象的でした。
よくビッグバンドJAZZを聞くんですが、この音場の広さはまさに適面です。
トランペットやサックスなどの金管楽器、パーカッションと相性が良いように思えました。
・・・ただしボーカル(特に女性)には少し物足りなさを感じてしまうかもしれません。

高音域は刺さるようなイメージは皆無でオブラートで優しく包み込むような上質感があります。
中音域はイキイキしていて厭味がありません。・・・ただし10Proの特徴である中音域の物足りな
さはこのケーブルをもってしてでも感じてしまいますね。
低音域は歯切れの良さを感じました。低音域の弱いPicoと低音域表現の高い10Proでは結構バラン
スがとれてこのケーブルではそれを素直な味付けとして表現しています。

��-GETc
Goertzケーブルは前からひじょうに興味があり、案の定衝撃を与えてくれました。
�-SALのワイドレンジに奥行を極めたような感じです。これは情報量の多さを象徴しているのかも
知れませんね。
このケーブルではぜひ女性ボーカルを聴いてもらいたいです。
Norah JonesをはじめとするJazzボーカルからRihanna、Amerieあたりの若手R&Bまで彼女達
の良さを十分に引き出してくれるケーブルです。

高音域はやや大人しめですね。・・・というよりはちょうど良いのかもしれません。
中音域の迫力が高音域を控えめに感じさせているからでしょう・・・。
中音域は艶やかでしっとり。もともとまったり系が好きな私にとっては打って付でした。
情報量の多さから低音域は少し耳につく事を予測・・・覚悟してたんですが(笑)全く取り越し苦労
でした。この低音は中音域の迫力を引き出す名脇役と言ったところでしょうか・・・。


本来ならWMでもラインアウト環境であればさらにケーブルの良さを引き出せるのかも知れません。
しかし、今回購入させていただいた2本はIEM環境を劇的に変えてくれました。

新しいnanoも出た事だし、次はDAP環境のレベルアップをしようかと考える今日この頃であります。
・・・Norさんのますますのご活躍祈念してます。
今回誠に素敵な製品をいただき、ありがとうございました。。。

===================================

<J.A様> 2008.11.10

使用環境
ipod nano(4th)+DS-SAL+iBasso D2 Boa+Triple.fi 10 Pro

聴く曲はJAZZが比較的多いため、レビューや紹介文を見てこのモデル
を選びました。

まず、つくりの丁寧さに驚きました。
パッケージも含め、とても個人の方が製作しているとは思えません。
デザインもとてもかっこいいので、所有する喜びを満たしてくれます。

DS-SALはケーブルの癖も付きやすいので、PHPAとiPodを重ねて、
ケーブルをUターンさせて使っても、ケーブルと端子の接続部に負担
がかかったりしません。

音質について
イヤホンはUEのTriple.fi 10 Proを使用しています。
このイヤホンは「モコモコ」「中音域が引っ込みがち」と言われていますが、
まず、D2 Boaの効果で中音域が持ち上がってきれいに聞こえるように
なりましたが、DS-SALを接続することで、さらに中〜高音域がきれいに出
る様になりました。
高音域がしっかり出て解像度も大変高いのに、高音が耳に刺さる感じが
ありません。
これはやはりJAZZを聴いている時に本領が発揮される感じがします。
ピアノの高音のアタック音も「キーン」という感じが無く、きれいに出ますし、
ハイハットも一粒一粒(まさにそういう表現がぴったり)輪郭がしっかりして
いる感じです。

あと、これはライン出力の恩恵によるところが大きいかもしれませんが、
音が全体的に厚くなり、力強くなりました。
これはオーケストラやビッグバンドを聴くと実感できました。

聴き疲れることなく、大変快適に音楽が聴けます。
大変良い買い物をしました。

=====================================

<AS-SAK様> 2009.04.07

DAP:ZEN X-Fi
ケーブル:m2-SAL
アンプ:NuForce Icon Mobile
ヘッドホン:ULTRASONE HFI-450

比較:オヤイデ電気 P3.5-22W

音に関してあまり詳しくありませんし、環境も少数派のようですが、聴いて
みた感想、P3.5-22Wから変わったと感じる点を書きたいと思います。

まず何よりも書きたいのが、商品説明にもあるとおり「豊かな中音」です。
P3.5-22Wもシャキっとした音だとは思うのですが、m2-SALだとクリアさの中に
さらに奥行きと言うか余裕を感じます。m2-SALの後にP3.5-22Wを聞くと、
中音が高音を支えきれていないような、無理して高音を出しているような
感じを受けてしまう曲がありました。
次に、この「豊かな中音」によるのだと思いますが、(男女とも)ボーカルの
輪郭が見えやすくなったようで、歌詞をハッキリ聞き取れる曲が増えました。
とりあえず2,3時間聴いてみての感想はこのような感じで、P3.5-22Wの印象が「
綺麗」ならば、m2-SALは「綺麗でふくよか、おおらか」でしょうか。

開封時のスタイルの良さへの感動と所有する喜び、そして得られた音は好きな
方向性+αと言うもので、非常に良い買い物でした。
今後も物欲が騒ぎ出した時にはお世話になるかもしれませんが、その時は
よろしくお願いします。^^


=======================================


<K.T様> 2009.10.20

※MGM,SAL二本分のレビューを頂きました

ケーブルを発注後、ゼンハイザーPX100,PX200等のヘッドホンを購入しました。
エージングに時間が掛かり、ケーブルの聴き比べが遅くなってしまいました。
今まで使用のカナルでは、DS-SAL では、全体に元気なのですが、なにか喧しく感じられ
(特に高音部が辛い)。DS-MGM の場合、低音が痩せて寂しい音になってしまいました。
PX100 で聞くと、2本共素晴らしかったです。
今まで使用のケーブルより、能率も上がりました。(一聴で解かるほど)
PX100 の低音は、あまり分離しないと思っていましたが、力も有り、締りの有る音になりました。
中音、高音も素直に出て、全体に分離感も良く聞くのが楽しくなりました。
まだそんなに聞いていないのと、たいした耳でもないので、偉そうな感想はいえませんが、
満足しています。

毎日、ケーブルと、ヘッドホンを変えて遊んでいます。
PHILIPS SHL9600 もエージング200時間終了。

IPOD >> DS-MGM >> STORM 3 CUSTOM >> SHL9600

聞いた音楽 (MP3 192)
SHIRIEY BASSEY(THE GREATIST HITS)
笠井紀美子(WATCHING YOU)

下から上まで音に締りが有り、力強く、全体のバランスが良くて聞きほれてしまいました。
全く聴き疲れしません。

2本の音の違いは私の耳でも実感できます。
また、違ったケーブルも欲しくなりそうです。(特に PX200 用(今のケーブルでは私には高音部が少しきついです。)

アンプはもう一台、MISIC MAXも持っています。
MISIC MAX は IN ジャック穴とボリュームの距離が近い為、DS-MGM ,DS-SAL のコネクターより太い物は
使用できません。15m/mは不可能です。


===================================

<AS-SAK様> 2009.12.04

DAP:iPod nano 4th
ケーブル:DS-SAL
アンプ:NuForce Icon Mobile
イヤホン:UE Super.fi 5pro(Null Audio Studio ENYOケーブル使用)
ファイル:MP3 CBR 320kbps

比較:オーグライン、AudioQuest CV4.2(ともにヤフオクで購入)

5proのケーブルを交換し、出てくる音がより元気になったように感じていましたが、
比較対象の2つのDockケーブルではどこか「元気が良すぎる」印象を受けました。
そこで以前購入したm2-SALを試したところ良い意味で抑えられた感じがあったので、
Dockケーブルの方も購入となりました。
ですので、m2-SALのときの感想も踏まえてとなります。

まず比較対象の2つと比べ、オーグラインほどの鮮やかさ、CV4.2ほどの押しの強さは
感じられません。
出方にしても低音から高音まで満遍なく出ていているように感じ、曲によって「若干
中音のあたりが上げて…ある?」くらいです。得手不得手も現状では特に感じられ
ません。また、乾湿で言えば湿。程よくしっとりと聞かせてくれます。
対象2つのイメージを、それぞれ「鮮やかさ」「押しの強さ」と表すならば、
DS-SALは「柔らかさ」もしくは「奥ゆかしさ」となり、どこかホッとする音と感じて
います。例えを(無理やり)変えるならば、オーグラインが「職場」、CV4.2が「
趣味」。そしてDS-SALは「故郷」or「地元」あたりでしょうか(笑)。

私にとってDS-SALは、気分・体調などに左右されない所謂「標準」となりそうです。


===================================


TrackBack URL

http://dockstaar.dtiblog.com/tb.php/39-eb48c8f8


 | HOME | 




Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET ----- Powered by DTIブログ -----