• 2017/09
  • 2017-10 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017/11
DS-GETc, ?-GETcのユーザーレビュー
2008年07月23日(水) 22:18
ここでは、DS-GETc, ?-GETcのレビューを掲載しています。
興味がある方は是非参考にしてください。


※ ユーザーレビューは随時受け付けています。
  レビューを掲載してもいいよというユーザー様はdock_staar@yahoo.co.jpまでご連絡ください。



===================================

<mille様> 2008.06.15

先日GETcをいただきました。
色々と聴き比べをし、大分耳にも馴染んできたところでレビューしたいと思います。

使っているDAPはHD60GD9ECでアンプはiQubeです。
以前よりiQubeの軽めのサウンドは好きだったんですが、ちょっと高音が刺さったりもう少し重みがあってもいいんじゃないかと思っていたところでGETcの存在を知りました。
ケーブルが届いてまずの第一印象は音に派手さがプラスされたということです。
でも変ないやらしさは無くいいぐらいに身がついたというか、冷たすぎると感じていたiQubeに温かみが加わったように思います。

私は良くJazzを聴きますのでベースがよく響くようになったのは収穫でした!
明らかに以前よりリアルさが増しているように思います。

説明で反発が強いということでしたが特段問題も無いです。
オリジナルのラバーバンドも良いできですね〜

次はGETaを狙いたいと思います(笑)

===================================

<K.K様>  2008.07.01

使用環境
iMOD5.5G→Female Dock+?-GETc→Pico→須山カスタム435

?-SALに引き続きのGETcでしたが、出鼻から衝撃的な変化を感じました。
SALのコクというかふくよかな中音には満足していましたが、GETcの音圧の凄さは鼓膜まで届きそうな勢いです笑
思っていたよりも変化を感じることができたので、色々と過去のアルバムなんかも引っ張り出しながら聴き直しました。
中音の表現に関しては今のところSALの方が好みではあります。
ただ須山435が中音に特徴があることとPicoの音を合わせるとGETcの方が楽しく音楽を聴くことができるのではないでしょうか?
チャートミュージックからクラシックまで楽しめると思います。
それからクラシックなんかはホールの広がった雰囲気や音の響いたところなんかが感じ取れます。

実は現在までALOのクライオを使っていたのですが、この価格でこの細工と音は正直驚きました。
パッケージや細かい対応にもこだわりを感じます。
なかなか手にすることができないのですが、できる限りでいいものを作成してほしいと思います。

===================================

<K.H様> 2008.09.16

≪使用環境≫
DAP;S-616F
AMP;Pico
IEM;UE10Pro

CABLE;??-SAL ??-GETc

WMのユーザーですが、今回この2本のケーブルを購入させていただきました。
ブログを拝見いたしますとiPodのユーザーさんが多い中、大変恐縮ではございますが、その使用感
を私なりに述べさせていただきたいと思います。


??-SAL
心地よいワイドレンジと正確さが印象的でした。
よくビッグバンドJAZZを聞くんですが、この音場の広さはまさに適面です。
トランペットやサックスなどの金管楽器、パーカッションと相性が良いように思えました。
・・・ただしボーカル(特に女性)には少し物足りなさを感じてしまうかもしれません。

高音域は刺さるようなイメージは皆無でオブラートで優しく包み込むような上質感があります。
中音域はイキイキしていて厭味がありません。・・・ただし10Proの特徴である中音域の物足りな
さはこのケーブルをもってしてでも感じてしまいますね。
低音域は歯切れの良さを感じました。低音域の弱いPicoと低音域表現の高い10Proでは結構バラン
スがとれてこのケーブルではそれを素直な味付けとして表現しています。

??-GETc
Goertzケーブルは前からひじょうに興味があり、案の定衝撃を与えてくれました。
?-SALのワイドレンジに奥行を極めたような感じです。これは情報量の多さを象徴しているのかも
知れませんね。
このケーブルではぜひ女性ボーカルを聴いてもらいたいです。
Norah JonesをはじめとするJazzボーカルからRihanna、Amerieあたりの若手R&Bまで彼女達
の良さを十分に引き出してくれるケーブルです。

高音域はやや大人しめですね。・・・というよりはちょうど良いのかもしれません。
中音域の迫力が高音域を控えめに感じさせているからでしょう・・・。
中音域は艶やかでしっとり。もともとまったり系が好きな私にとっては打って付でした。
情報量の多さから低音域は少し耳につく事を予測・・・覚悟してたんですが(笑)全く取り越し苦労
でした。この低音は中音域の迫力を引き出す名脇役と言ったところでしょうか・・・。


本来ならWMでもラインアウト環境であればさらにケーブルの良さを引き出せるのかも知れません。
しかし、今回購入させていただいた2本はIEM環境を劇的に変えてくれました。

新しいnanoも出た事だし、次はDAP環境のレベルアップをしようかと考える今日この頃であります。
・・・Norさんのますますのご活躍祈念してます。
今回誠に素敵な製品をいただき、ありがとうございました。。。

===================================


TrackBack URL

http://dockstaar.dtiblog.com/tb.php/70-614aa811


 | HOME | 




Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET ----- Powered by DTIブログ -----